www.writingandstatisticalhelp.com

商店でどれもの所有カードが決済できるわけではありません。□カード会社の加入店舗は多くは、多くのカードに加盟していますが、不便ですが一切のお店であらゆるブランドの使用できるんではありません。つまり以前からある契約店舗の場合はJCBのロゴの書いたクレカしか決済できない場面もあるし今日日の契約店舗なんかではVISAやマスターカードの名前のクレジットカードしか決済できないときもあるものです。ディスカバーといったクレジットカードなら、いっそう使用できないショップが増えるはずです。何の所有クレジットカードが使えるかどうやって見分けると良いか「だったらどのような方法でどのブランドの所有クレジットカードが切れるかを確かめたらいいのか?」といってはみたものの正確に理解するのだったら店舗の誰かに確認してみるしかないというのが残念ながら正解。ただし多くの店舗や料亭には店舗前のドアのところとかに使用可能なカードの案内が入っているシールが貼られているので、「そうかその店舗ではアメリカンエキスプレスカードが切れるんだ」というふうに困らないようになっているため心配しないようにしてほしいと思います。細かく加入管理が出来ていない加盟店舗で用いる際には、印が掲げられているショップでも「うちではご提示いただいたクレジットカードは使えません」などの回答をもらってしまう状況もないわけでもなくメンツを失うようなことだけは避けたいところです。欲を言えば可能な限り全ての加入店で使用できるようにするためにも別の種類のロゴ(国外マーク)がプリントされた一般的なVASA、JCB、ダイナーズ等のクレカを複数枚携帯するようにするとよいでしょう(例として:セゾンカードを契約しているなら他方はダイナースカードブランドのクレジットカードを申し込むほか)。もっぱら国内ではVISA、MasterCard、JCBの3つの契約が入ったクレカを常時使えるようにしておけば、だいたいすべての加盟店舗で少なくとも1枚のクレカを使うよう準備万端というわけです。カードを使用してスマートな支払いを目指すためには、早いうちに少なくともこの3枚のクレジットカードを財布に忍ばせておいていただくことをお勧めします。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.writingandstatisticalhelp.com All Rights Reserved.