www.writingandstatisticalhelp.com

クレジットカードを店舗等において使う場合に、感じたことがあるのではないかと思うのですが、店員が理解していないためにいったいどのレシートをお客さんへ提示するのか迷っていることがある。といいますのも、クレカを機械に通すと、マシン複数の明細レシートというものが出されるためであり、この明細のどの紙をカード利用者の方へ差し出すべきか判断できないということがあるのです。複数枚の紙の意味・・・数枚の利用レシートの正体とは何かをまとめると以下の通り。1利用者へ渡す紙。2店舗控えレシート。3カード会社保管用レシート(署名を書く紙)。本来であれば絶対お客さんへ渡す用の明細レシートの方を受け取るはずですが、時として、お店の控え明細レシートをお客様の方に間違って渡してしまうということであったり、サインされた利用明細を渡してしまったというような痛恨のミスなども見受けられる。このパターンはパートの担当者の場合や、通常クレジットというものが使われることのない店舗等においてカードを使用するとこんなスタッフの戸惑いというものが拝見することが出来るでしょう(笑)。万が一従業員が上記のように紙というものを渡そうとしたときは「これじゃありませんよ」などと直してみてはいかがでしょうか。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.writingandstatisticalhelp.com All Rights Reserved.